専業主婦がお金借りるなら

専業主婦がお金を借りるなら方法は限られてきますが、パートやアルバイトをしている主婦の方で安定収入がある場合はさまざまな方法でお金を借りることができます。

 

主婦の方は日頃から家計管理を任されていることもあり、急にお金が必要になったときでも「今すぐ」に対応している即日カードローンがあればとても便利だと思います。また、主婦をしていればママ友とのランチ会や飲み会、日頃のストレスの発散の為にちょっとしたプチ贅沢をしたいときもありますよね。

 

旦那の収入だけでは生活費が足りない、パートをしているけどそれでも生活費が不足する、そんな緊急事態のときこそ即日お金を借りることができるカードローンが手軽で便利なのです。

 

当サイト【お金借りる主婦】では、今すぐお金が必要と言う専業主婦の方に安心して利用できるカードローンをご紹介しており、当サイトの運営ポリシーとして銀行カードローンと大手の消費者金融しか紹介しておりませんのでご安心ください。

 

消費者金融と聞くと胡散臭く感じる主婦の方も多いと思いますが、テレビCMなどで知名度のある安心安全にお金を借りれるカードローンのみご紹介しています。急な出費で生活費が足りない、あと1週間分の食費が足りない、ママ友とのランチ会や飲み会のお金が足りない、こんな時は「今すぐ・即日・今日中」に対応したカードローンがおすすめになります。

 

また、主婦の方でお金を借りたいけど「旦那にバレないようにお金を借りたい」と思われている方も少なくないと思いますが、当サイトでは旦那や家族にバレないようにお金を借りる方法を分かりやすく解説していますので、内緒でお金を借りたいと言う方は参考にしてみてください。

 

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン

専業主婦がお金を借りるなら「銀行カードローン」一択になります。専業主婦の場合は、安定収入が無いため「総量規制」の対象となり消費者金融カードローンを利用することができないのです。

 

しかし、専業主婦であっても銀行カードローンを利用すればお金を借りることが可能になります。生活費が足りない状況やママ友とのランチ会、子供の学習塾の費用、友達との交際費、自分の趣味の為にお金が必要になった場合でも安心です。

 

銀行カードローンは、一度審査に通過さえすれば借入限度額の範囲内で何度でもお金を借りることができるので1枚持っておいても損はないでしょう。緊急事態のときでもカードローンさえあればコンビニATMなどですぐにお金を引き出すことができますので安心です。

 

消費者金融カードローンを利用することはできませんが、銀行カードローンの方が金利も安くなりますので長期的にみると非常に便利です。また、最近はインターネット申込みが普及しているので、旦那(家族)にもバレにくいのが特徴になります。銀行カードローンの特徴をまとめると以下になります。

  • 無職の専業主婦でも借りれる!
  • ネット申込みで家族にバレない!
  • 審査によって即日融資の可能性もある!

無職の専業主婦でもお金を借りれる銀行カードローンは、基本的に審査に厳しくなりますので審査期間が長く審査に通りにくいのですが、銀行によっては最短即日融資も可能で、ネット申込みを利用すれば旦那にバレずに借入することもできます。

 

ただし、銀行カードローンの場合は「絶対に旦那にバレないと言う保証」はありませんのでバレたら困ると言う専業主婦の方は、注意するようにしてください。

 

銀行カードローンは低金利だから専業主婦でも安心

銀行カードローンは低金利でお金を借りれるので専業主婦の方でも安心です。しかし、金利は借入金額によって変動しますので、借入額が少なければその分金利は高くなってしまいます。

 

専業主婦の場合は、収入がない分どうしても借入限度額が低くなってしまいます。ちなみにですが、専業主婦の方が銀行カードローンで借入できる限度額は、「30~50万円」程度が一般的になります。

 

消費者金融と銀行のカードローンの金利の違いは以下になります。

銀行カードローン 実質年率1.8~14.6%
消費者金融カードローン 実質年率3.0~18.0%

このように、消費者金融よりも銀行の方が金利が安くなりますので、専業主婦の方は銀行カードローンの方がお得になります。

 

安定収入のある主婦がお金を借りるなら

パートやアルバイトなどの安定収入がある主婦の方でももちろん銀行カードローンを利用することは可能ですが、銀行カードローンは今すぐのニーズに対応していないので、緊急を要する場合や、今日中にお金が必要と言う主婦の方には向いていません。

 

ちなみにですが、消費者金融カードローンは最短30分審査の最短1時間融資に対応しているのに対して銀行カードローンの場合は審査に1~2週間ほどかかってしまいます。もし、2週間の審査機関を待つ余裕があるのでしたら、低金利でお金を借りれる銀行カードローンの方がお得ではありますが、今すぐお金を借りたいと言う人は即日融資対応の消費者金融カードローンを選択するようにしましょう。

 

主婦がお金を借りるなら消費者金融カードローン

主婦がお金を借りるなら消費者金融カードローンがおすすめになります。特に「今すぐお金を借りたい」「今日中に何とか資金調達したい」と言う様な緊急性が高いシーンでも柔軟に対応してくれますし、「旦那にバレずにお金を借りたい」「家族に内緒でお金を借りたい」と言うニーズにも対応しているからになります。

 

もし、あなたが急いでいないと言う場合で、なおかつ旦那や家族にバレても問題ないと言う場合でしたら低金利の銀行カードローンをおすすめします。

 

主婦が旦那にバレずに即日でお金を借りる方法

旦那に内緒で今日中にお金を借りたい!そんな主婦の方が旦那にバレずに即日でお金を借入する方法を4つのポイントに分けてわかりやすく解説します。

 

家族や旦那にお金を借りたことがバレてしまう原因はズバリ「郵送物」になります。この郵送物を送られてこないよう上手いこと契約すれば、旦那に内緒でお金を借りることができるのです。

 

①銀行ではなく消費者金融カードローンを選ぶ

旦那や家族の方に内緒で即日お金を借りる方法は、第一に「消費者金融カードローン」を選ぶことです。消費者金融の場合は即日融資に対応しているので、今すぐお金が必要と言う方や今日中に資金調達したいと言う方に向いています。

 

また、最も家族にバレてしまう原因である「郵送物」も、以下で紹介する方法を利用すれば絶対に送られてくることはないのでご安心ください。

 

②ネット申込みをする

即日お金を借りたいと言う主婦の方は、消費者金融カードローンを選択し、スマホからネット申込みするようにしてください。家のパソコンだと履歴が残って旦那にバレてしまう可能性があるので必ずご自身のスマホから申込みをしてください。

 

③自動契約機で契約手続きをする

ネット申込みをして審査に通過しましたら、最寄りの自動契約機へ行きましょう。自動契約機で契約することで、本来郵送で送られてくるはずの契約書類やローンカードをその場で直接受け取ることができます。これで郵送物が送られてくる心配が8割解消できました。

 

④ATMでお金を借りる

自動契約機で無事に契約が完了し、ローンカードを受け取ることができましたら、次は併設されているATMでキャッシングしてください。ATMでしたら、自動契約機の横かコンビニATMで24時間365日お金を引き出すことができます。

 

ここで注意してほしいことが、「絶対に振込みキャッシングをしてはいけない」と言う点になります。振込みキャッシングを利用した場合は、ご利用明細が自宅に送られてくるので旦那に見つかればバレてしまいます。

 

しかし、ATMで出金した場合は、その場でご利用明細書が発行されますので、家に帰るまでに処分すれば大丈夫です。

 

ちなみにですが、この方法でしたら「夜間(自動契約機は22時までの営業)」でも「土日祝」でも即日お金を借りることができます。自動契約機が22時までなので、21時頃までに審査に通過していれば、即日お金を手にすることができます。

 

主婦がお金を借りる際の借入限度額はどれぐらい?

主婦がお金を借りる際の借入限度額は、サラリーマンと比較するとどうしても少なくなります。その理由は、やはり収入が少ないからになります。消費者金融カードローンは「総量規制」の対象となるため、どうしても年収に応じて借入限度額が決まってしまうのです。

 

総量規制とは?

総量規制とは貸金業法の一つで、「年収の3分の1までしかお金を借りれない法律」になります。2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行された後に新たに制定された法律で、これによって借入限度額がハッキリと決まるようになったのです。

 

総量規制が施行されるまでは、年収に関係なくいくらでもお金を借りることができましたが、これによって多重債務者が増え、返済できない人が続出し問題となりました。

 

この総量規制には除外されるものと例外項目があります。「住宅ローン・自動車ローン・その他不動産ローン等」は少量規制の対象外で、「借り換え・繋ぎ融資」は例外となります。

 

ちなみに銀行カードローンの場合は、貸金業法ではなく銀行法に基づいた金融商品のため総量規制の対象外となります。そのため、審査に通るか通らないかは別として無収入の専業主婦の方でもお金を借りることが可能となっているのです。

 

総量規制の対象となるものは、いわゆる貸金業法で規制されている「貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社・信販会社)」による個人向け貸付になります。

 

パート収入100万円の主婦の借入限度額

パート収入100万円の主婦が消費者金融カードローンでお金を借りる場合は、総量規制の対象となり、100万円の3分の1までの約30万円程度が限度となります。そのため、主婦の方がカードローン審査に申込みをする際は、年収の3分の1以下で申込をするようにしてください。

 

年収100万円の主婦が50万円の申込みをしても借入不可能なのでご注意ください。

 

主婦がはじめてカードローンでお金を借りるなら

主婦の方がはじめてカードローンでお金を借りるなら、消費者金融カードローンが圧倒的にお得になります。銀行カードローンの方が金利が安いためお得感はありますが、銀行カードローンの場合は審査が厳く通過しにくいで。また、即日融資にも対応していないため、今すぐのニーズに対応していません。

 

一方消費者金融カードローンの場合は、最短30分審査の最短1時間融資で即日お金を借りることが可能で、しかもはじめての方は「30日間無利息サービス」がありますので金利0円でお金を借入留守ことができるのです。

 

銀行の方が金利は安いけど、金利0円のサービスがあるのは消費者金融だけになります。銀行の方が表示されている金利は安いけど、消費者金融の場合は30日間金利0円なのでお得です。

 

ブラックリストの主婦でもお金を借りれる?

主婦の方でもパートなどの安定収入があれば消費者金融カードローンでお金を借りることができますが、「金融事故」を起こしている様なブラックリストの主婦はお金を借りることができません。

 

金融事故と聞いてもピンと来ないと思いますが、以下に該当する方はブラックになります。

  • 返済延滞
  • 任意整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 自己破産

主婦の方で上記のような金融事故を起こしているブラックな方はほとんどいないと思いますが、万が一心当たりがあると言う場合はカードローンの審査に通過することはないのでご注意ください。

 

主婦の方で特に注意してほしいのが「返済の延滞」で、毎月の携帯料金の支払いが遅れたり、自動車ローンや住宅ローンの返済が遅れたりしている場合も審査に通過しにくくなります。クレジットカードで買い物をしたけど返済日に口座にお金が入ってなかったと言うケースも稀にあると思いますがこのような場合も要注意です。

 

逆にローンを利用している場合でも、毎月きちんと返済している主婦の方は、返済実績がありますので審査に有利になります。

 

もし、主婦の方でカードローン審査に通過しなかったと言う場合はブラックの可能性が高くなりますので、ブラックの方でもお金を借入する方法を後ほど紹介したいと思います

 

銀行で主婦がお金を借りる場合

消費者金融は胡散臭いから銀行でお金を借りたいと思っている主婦の方も多いと思います。主婦の方が銀行でお金を借りる場合はさまざまですが、銀行と言っても「都市銀行・地方銀行・ネット銀行」と大きく分けると3種類あります。他にも信用金庫や信用組合なども銀行の類になります。

 

銀行ではどこでもカードローンの取り扱いはありますが、審査が非常に厳しく用意する書類の数もかなり多くなりますのでそれなりに覚悟が必要になります。特に都市銀行(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行)の場合は、相当審査が厳しく、パートやアルバイト収入の主婦の場合は正直審査に通過しない場合もあります。、
銀行カードローンには以下の3つの特徴があります。

  • 審査が厳しい
  • 即日融資に対応していない
  • 無利息期間がない

銀行カードローンは、銀行と言うだけあって安心感があり低金利と言うメリットがありますが、上記のようなデメリットもあります。また、銀行カードローンが低金利と言いましても、はじめての借入の場合は上限金利を設定されますので、消費者金融と比較しても約4%程度引くだけになります。

 

10万円借入した場合でしたら年間4,000円です。毎月で言いますと333円程銀行の方が金利が安いだけになります。

 

また、銀行でお金を借りる場合はカードローン以外にもさまざまな目的に合わせたローンがあります。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 事業ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • 医療ローン
  • リフォームローン
  • 住宅ローン

主婦が銀行でお金を借りる場合は、カードローン以外に上記のようなローン商品があります。例えば車を買うお金を借りたい場合は、カードローンではなく自動車ローンを利用した方が良いですね。他にも住宅を購入する場合は住宅ローンがあります。

 

しかし、今すぐお金が必要と言う様な緊急事態のときは、カードローンが便利です。とは言っても、銀行カードローンは今すぐに対応していません。つまり、主婦の方が今すぐお金を借りたい場合は銀行カードローンではなく消費者金融カードローンと言う訳なのです。

 

もし、どうしても消費者金融ではなく銀行カードローンでお金を借りたい等場合は、事前に前もって審査をするようにしましょう。銀行カードローンは低金利でお金を借りることができますので、長期的に見ると作っておいても損はありません。

 

それから、銀行でお金を借りる場合に忘れてはいけないのが「定期預金担保貸付」になります。

 

定期預金担保貸付でお金を借りる

主婦が銀行でお金を借りる方法で忘れてはいけないのが「定期預金担保貸付」になります。この方法はご自身が定期預金をしていることが大前提となります。定期預金をしている場合は、それを担保にしてお金を借りることができます。もちろん、審査もなく即日お金を手にすることができますので、お急ぎの場合に役に立ちます。

 

この定期預金担保貸付のシステムは、実際に銀行の窓口に行って手続きをするのではなく、普通預金の口座の残高がマイナスになることで自動融資される仕組みになります。

 

例えば、残高が10万円の普通預金口座から、20万円の引き出ししが行われる場合10万円の残高不足になりますが、自動的に10万円が融資され普通預金口座に入金されると言うことです。

 

しかもm、金利が非常に安く審査が無いので簡単にお金を借りることができます。ただし、あまりにも簡単にお金を借入することができるため、ついつい借り過ぎてしまうと言う人も居ますので、しっかりと管理しながら借りる必要があります。

 

定期預金担保貸付の借入限度額は、定期預金に貯金している金額の90%までとなっているのが基本となります。ちなみにですが、金融機関では、定期預金担保貸付と言う呼び方ではありません。

 

金融機関によって、「自動貸付」「口座貸越」「当座貸越」「自動融資」など呼び名が異なります。

 

銀行名 名称 借入限度額 上限金額
みずほ銀行 総合口座貸越 定期預金の合計額の90%まで 上限200万円
三菱UFJ銀行 自動借り入れ 定期預金の合計額の90%まで 上限200万円
三井住友銀行 総合口座貸越 定期預金の合計額の90%まで 上限200万円
りそな銀行 自動貸越サービス 定期預金の合計額の80%まで 上限200万円

 

消費者金融で主婦がお金を借りる場合

主婦の方で消費者金融を胡散臭いと思っている方も少なくないと思いますが、おそらく消費者金融や闇金を混同してしまっているのではないでしょうか?消費者金融は貸金漁法に則って運営している正規の業者になりますので安心です。

 

闇金は貸金業法を無視した違法業者になりますので非常に危険です。

 

つまり、消費者金融と闇金は全くの別物になりますので、主婦の方でも安心してお金を借りることができるのです。消費者金融とよく混同されるのは「サラ金・街金・闇金」で、これらは同じではないのでここではっきりさせておきたいと思います。

 

サラ金とは?

サラ金とは、サラリーマンをターゲット顧客にした貸金業者のことで「サラリーマン金融」の略語になります。今ではサラ金と言うことはほとんどなくなりましたが、今で言う消費者金融のことになります。つまり、消費者金融の昔の呼び方と言うことです。

 

街金とは?

街金とは、街中の雑居ビルの一角に事務所を構えて、地域密着型で運営している「中小消費者金融」のことです。中小消費者金融も、大手の消費者金融と同じようにきちんと貸金業登録をして運営していますので、正規業者になります。

 

街金の特徴は、規模が小さいため借入限度額がどうしても低くなります。また、大手消費者金融の審査に通らなかった方でも、積極的に貸付を行ってくれる業者でもあります。最近では全国対応している街金も増えてきており、大手消費者金融にも負けないようなサービスを展開している業者もあります。

 

全国対応の街金で有名どころは「フタバ(東京)・SGファイナンス(東京)・フクホー(大阪)」になります。

 

消費者金融

消費者金融とは、「大手消費者金融」のことを言います。街金とは違い、銀行の傘下に入り運営しているので全国展開はもちろんテレビCMでもよく見かけるので知らない人は居ないのではないでしょうか。

 

大手消費者金融と言えば「アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA」になります。大手消費者金融は銀行の傘下に入り貸金業法に則って運営しているので安全安全な正規業者と言えます。

 

「スピード審査」「即日融資」はもちろん「30日間無利息サービス」などの充実したサービスが特徴になります。

 

闇金とは?

闇金とは、貸金業登録をしていない違法業者になります。消費者金融を闇金と混同している人も居ると思いますが、全くの別物になります。闇金は法律を無視して運営していますので、金利も法外な「トイチ(10日で1割)」と言うのがあたりまえになります。

 

闇金に一度手を出してしまうとしつこくつきまとわれたり、嫌がらせをされたりしますので絶対にお金を借りてはいけません。闇金の特徴は「ブラックOK」や「審査なし」と謳っていることで、固定電話ではなく携帯電話の番号で宣伝しています。

 

また、悪質な闇金は街金業者と同じ名前にして運営している場合もありますので、騙されないようにしてください。闇金業者を見極める方法は以下になります。

 

闇金業者の見極め方

闇金業者を見極める方法は以下になります。

  • 貸金業登録番号をチェックする
  • 法定金利内で運営しているかチェックする
  • 固定電話番号があるかチェックする

まず、携帯電話番号で運営している貸金業者は9割がた闇金になります。そして、法定金利の20%を超えている場合は違法業者なので闇金です。次に、貸金業登録をしているかチェックしてください。貸金業登録をしている場合は、必ず登録番号があります。

 

貸金業登録番号の調べ方は、「金融庁の登録貸金業者情報検索サービス」で誰でも簡単に調べることができます。

 

上記リンク先へ行き、業者名を入力すると確認することができます。もし、業者名を入力して表示されなければ、登録業者ではない違法業者になりますので闇金確定となります。

 

市役所で主婦がお金を借りる場合

市役所でお金を借りれると言うことを知っている主婦の方も少ないと思いますが、実は市役所でもお金を借りることができます。消費者金融や銀行のカードローンは不安だけど、市役所なら公的機関なので安心なのではないでしょうか。

 

市役所では、厚生労働省が管轄する「生活福祉資金貸付制度」があり、この制度を利用することでお金を借りることができるのです。対象者は以下になります。

①高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者が居る世帯
②低所得世帯・・・必要なお金を他から借入することができない世帯(市町村民税非課税制度)
③障害者世帯・・・身体障害者(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方)の方が居る世帯

上記の対象者に限り、市役所でお金を借入することができます。主婦であっても上記対象に含まれる場合は利用可能です。

 

生活福祉資金貸付制度の貸付資金の種類は以下になります。

①総合支援資金・・・生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費
②福祉資金・・・福祉費・緊急小口資金
③教育資金・・・教育支援金・就学支度金
④不動産担保型生活資金・・・不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金

生活福祉資金貸付制度を利用する場合は、原則「連帯保証人」が必要ですが、連帯保証人を立てずに利用することもできます。連帯保証人を立てた場合は「無利子」でお金を貸付してくれるのですが、連帯保証人を立てない場合は「年利1.5%」の利息が必要となります。

 

緊急性が高い場合で市役所でお金を借りるなら、上記4種類の中の「緊急小口資金」だと思いますので以下で解説していきたいと思います。

 

緊急小口資金について

緊急小口資金は緊急と付くことから即日お金を借りることができそうですが、実際には貸付するにあtリ厳しい審査があります。審査申し込みをしてからお金を手にするまで1週間弱の機関が必要で場合によってはもっと長引くケースもあります。

 

緊急小口資金の貸付限度額は「10万円以内」となっており、無利子で保証人不要で借入することができます。貸付対象世帯は低所得世帯で、返済の見通しが立っていることが大前提で「緊急かつ一時的に生活維持が困難な状況な世帯」になります。

 

緊急小口資金の貸付対象となる理由

1.医療費・介護費の支払いで、臨時の生活費が必要なとき
2.火災等の被災によって生活費が必要なとき
3.年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
4.会社からの解雇、休業等による収入減
5.滞納中の税金、年金、国民健康保険料、公共料金の支払いによる支出増
6.給与などの盗難によって生活困難(貸付限度額5万円)
7.事故等により損害を受けたための支出増
8.社会福祉施設からの退出に伴う賃貸住宅の入居費による支出増
9.初回給与支給までの生活費が必要なとき

支援がないと生活自体が成り立たない理由に該当すると、緊急小口資金を利用してお金を借りることができます。ただし、条件を満たしている世帯であっても以下のような世帯の場合は利用できない可能性が高くなりますのでご注意ください。

1.生活保護世帯
2.収入がないか又は少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯
3.多額な負債がある方及び返済が滞っている方がいる世帯
4.債務整理の予定がある方及び債務整理中の方がいる世帯
5.生活状況が確認できない世帯

緊急小口資金の申込みや相談に関しましては、お住まいの地域の管轄する市区町村社会福祉協議会の相談窓口に確認するようにしましょう。

 

緊急小口資金は即日融資には対応していませんので、どうしても今すぐお金が必要と言う場合は市役所ではなく、即日融資に対応している消費者金融カードローンがおすすめになります。

 

主婦が勤務先でお金を借りる場合

主婦の方でもアルバイトやパートではなく、正社員として働いている場合は、勤務先からお金を借りることができます。給料日まで1週間分の生活費が足りない場合は、勤務先での「前借り」を利用することでお金を借りれます。

 

給料の前借りに関して労働基準法では、「労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令定める非常の場合の費用に充てる為に請求する場合においては、給料の支払期日前であっても、既往の労働に対する賃金を支払はなければならない」と定められているので、該当する場合は借入することができます。

 

前借りは、今まで働いた分の給料を先に借りることであり、未来の給料を借入することではありませんので勘違いしないようにしてください。しかし、会社によっては給料の前借りができない場合もあります。

 

給料の前借りができない場合は、「従業員貸付制度」を利用して勤務先からお金を借りることができます。ただし、この制度も全ての会社にある訳ではなく、任意の福利厚生と言う様な位置づけになりますので、事前に勤務先に確認するようにしてください。

 

また、この制度での貸付は平均10万円程度が限度と言う場合がほとんどになりますので、10万円以上必要な場合は役に立ちません。10万円以上の借入が必要な場合は、最短即日融資も可能な消費者金融カードローンがおすすめになります。

 

生活サポート募金で主婦がお金を借りる場合

民間の貸金業者に「一般社団法人生活サポート募金」があります。あまり聞きなれない主婦の方も多いと思いますが、生活サポート募金は「生活をリメイク」と言うことを掲げ借金で苦しんでいる人たちを救済する目的で運営しています。

 

生活サポート募金が行っている事業概要は以下になります。

1.生活相談
2.生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)
3.東京都多重債務者生活再生事業
4.個人再生ファンドの募集

この中でも「生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)」がお金を借りれる事業の一つになります。貸付対象者は、訳ありの「多重債務者・生活困窮者」や、経済的な理由により進学や修学の継続が困難な方です。

 

もちろんお金を借りる際は審査がありますので、誰でもお金を借りれるわけではございません。貸付対象者の内容は以下になります。

・消費者金融で借入している債務を整理するための資金
・個人信用情報の内容によって金融機関でお金を借りることができない人
・家賃・税金・公共料金などの滞納金を整理するための資金を借りたい人
・債務整理後の生活再建を果たすための自立支援のための資金を借りたい人
・不動産の競売や給与の差押えされている場合で生活の再建のための資金を借りたい人
・一時的な生活資金を借りたい人

この生活サポート募金は、貸金業法が適用されますので総量規制の対象となります。貸付金利は「年12.5%(遅延損害金利率年利14.6%)」なので、銀行や消費者金融のカードローンよりも安い金利になります。

 

ただし、借入をする際は「連帯保証人」が必要になります。

 

そのため、主婦の方が手軽にお金を借りるなら、最短30分審査の最短1時間融資も可能な消費者金融カードローンが最適と言えます。

 

質屋で主婦がお金を借りる場合

質屋でお金を借りる場合は、パートやアルバイトの安定収入がない専業主婦の方でも大丈夫です。最近の若い主婦の方は「質屋」と聞いてもピンと来ないと思いますが、今で言う質屋は「大黒屋」が該当します。

 

質屋と言えば一昔前までは個人が運営する小さな質屋が一般的でしたが、最近では大手の質屋が目立つようになってきました。その中の一つが大黒屋と言う訳です。

 

主婦の方が審査もなくお金を借りたい場合は、質屋がおすすめになります。質屋でお金を借りる方法は至って単純で、ご自身が所有している金品(高級時計・ブランド品・貴金属)などを質屋に預ける代わりにお金を借りると言う仕組みになります。

 

質屋でお金を借りる場合は、審査や必要書類がなく、預ける金品と身分証明書があれば大丈夫です。この質屋でお金を借りる場合は、収入や個人信用情報の内容は全く関係がないので、収入がない無職の専業主婦の方でも、絶対に審査に通ることのない多重債務者やブラックリストの主婦でもお金を借入することができます。

 

質屋でお金を借りる期限は、一般的には「3ヶ月程度」で、この期間内に借入した金額と質料をプラスして支払えば預けた品物を取り戻すことができます。ちなみに期限を過ぎてしまうと、質流れとなり預けている品物を取り戻すことができず所有権が質屋に移ってしまいます。

 

もし、主婦の方で消費者金融カードローンの審査に通らなかった場合は、質屋を利用してみてはいかがでしょうか。使っていない高級ブランド品などの品物と身分証明書さえあればいつでも主婦の方でも即金を手にすることができるのが質屋です。