個人信用情報とは?

個人信用情報は借入や現在のローン等の契約情報の履歴を記録したもので、クレジットカードやキャッシング以外にも携帯電話の分割払いなども記録されています。金融会社はカードローンの申込みがあれば返済能力があることを確かめ、滞納の状況などをチェックし安心して貸せるかどうか判断するのに、この個人信用情報を照会してチェックします。その際に滞納などの金融事故情報が記録されていると審査に通過することはありません。

 

この金融事故情報は一度記録されてしまうと該当する取引が完済して5年間消去されません。そのため、他社借入をする際はこの金融事故情報が消えていないと審査に通過することはないのです。もし、カードローン審査の申込みをして審査に通過しなかったら、過去に金融事故を起こしている可能性が高くなります。金融事故を起こしているかどうかチェックするためには、個人信用情報を開示する必要があります。

 

個人信用情報を開示すると何が分かる?

個人信用情報は借入がある会社の名前や申込日以外に月々の支払いの状況で、滞納があれば履歴として残るため続くことや回数が多いと信用されなくなります。クレジットカードを作る時は審査に落ちて立て続けに申し込むと記録され、これだけでも返済能力がないものだと判断されるため注意が必要です。

 

基本的に他社借入の状況を会社別に記録されることだけでなく、申し込んで審査落ちしても携帯電話の料金を滞納しても記録され開示すると信用できるかどうか判断できます。

 

CICで個人信用情報を開示する方法

CICで個人信用情報を確かめたい時は自分自身でするとなれば窓口以外に郵送やインターネットがあり、好みに合わせて選べます。インターネットは早くて便利ですが、クレジットカードがないと利用できないため注意が必要です。郵送は申し込んで10日かかり、ゆうちょ銀行で定額小為替証書が必要です。

 

窓口で申し込む方法は他の方法と比べて手数料が半額になりますが、平日の営業時間内に限られ主要都市にしかないため制限されます。

 

JICCで個人信用情報を開示する方法

JICCで個人信用情報を開示する方法はスマートフォンと郵送、窓口の3つの方法があり、スマートフォンの場合はCICのインターネットと違ってクレジットカード払い以外に金融機関やコンビニで現金払いも可能です。郵送は申し込んで7日から10日かかりますが、本人確認書類と1000円の手数料が必要になります。

 

窓口の場合は東京と大阪の2箇所しかなくて制限されますが、CICと同様に手数料が500円と半額になることが特徴です。

 

全国銀行協会で個人信用情報を開示する方法

全国銀行協会で個人信用情報を開示する時は郵送のみ行っているため、本人と法定代理人、任意代理人、法定相続人によって必要な書類が異なります。本人の場合は申込書と手数料、本人確認書類が必要ですが、代理人や相続人になると本人確認書類と法定代理人の本人確認書類と証明する資料が必要です。郵送は本人限定受取郵便または簡易書留になり、1週間から10日ほどかかります。

 

開示する時はやり方を確かめ、必要書類を把握して手続きをすることが大事です。